シンザン記念 馬券予想

【シンザン記念(2019年) Vol.1】レース傾向からの狙い目はあの馬!

投稿日:

レース傾向から読み解くシンザン記念(2019年)

みなさん、こんにちは!競馬をこよなく愛する「Yoshiki」です!

1月6日(日)にはクラシックホースの登竜門「シンザン記念」が開催されます。昨年の勝馬はご存知「アーモンドアイ」!歴代の勝馬にはアーモンドアイの他にミッキーアイル、 ジェンティルドンナ、タニノギムレットなどG1馬・クラシックホースが名を連ねます。今回は2019年クラシックに向けて重要な一戦「シンザン記念」を特集します。

アーモンドアイの快進撃はシンザン記念からはじまりました!(シンザン記念 2018年)
アーモンドアイの快進撃はシンザン記念からはじまりました!(シンザン記念 2018年)

まずは特別登録馬をチェック!

まずは 2018年12月30日時点での特別登録馬をチェックしましょう!

シンザン記念 特別登録馬
シンザン記念 特別登録馬


父:ディープインパクト×母:サラフィナの超良血馬「ゴータイミング」、ドナウブルーにロードカナロアの仔「ドナウデルタ」、朝日フューチュリティ2着の「クリノガウディー」など、なかなかのメンバーが揃いましたね!
クラシックに向けて要チェックな一戦です!

次にレース傾向を確認!

つづいてJRAさんのサイトから過去10年のシンザン記念の成績にもとづくデータ分析を引用させていただき、レース傾向を確認していきましょう。

レース傾向①:直近で連対したレースの距離をチェック
過去10年の出走馬について、直近で連対したレースの距離別に成績をまとめると、「芝1600メートル」組が3着内率で32.6%をマークするなど、好走率でトップとなっている。3着内率では、「芝1400から1500メートル」組が24.3%、「芝1800メートル」組が23.5%で続いており、3着以内馬30頭中28頭はこの3組から出ている。直近で連対したレースの距離は注目しておきたい。


レース傾向②:前走のクラスもチェック
過去10年の出走馬の前走別成績を調べると、新馬・未勝利からオープンクラスのレースまで、満遍なく好走馬が出ている。500万下組の中では特別組が平場組の好走率を上回っており、その中でも千両賞組の成績〔2-2-0-8〕が目立っている。また、「500万下平場」組と「新馬」組が3着内率で「朝日杯フューチュリティS」組を上回っている。前走が条件クラスのレースだったからといって、軽視は禁物だろう。


レース傾向③:7月、8月、9月デビュー組の勝率が高い
過去10年の成績を出走馬のデビュー月別にまとめると、7月、8月、9月の3組が勝率で10%以上の数値を記録している。中でも8月組は連対率・3着内率で他を大きく離してトップとなっている。その一方で、7月組と9月組は2着と3着が0回となっている。フォーメーションを組む際には、参考になりそうなデータだろう。

レース傾向④: 初勝利時の単勝人気と2着馬とのタイム差に注目
過去10年の優勝馬について、初勝利を挙げたレースでの単勝人気を調べると、7頭が「1番人気」で、3頭が「2番人気」だった。また、その初勝利を挙げたレースでの2着馬とのタイム差を調べると、2011年のレッドデイヴィス、2015年のグァンチャーレ以外の8頭は、2着馬に「0秒2以上」の差をつけて勝利を収めていた。

引用元:JRA 今週の注目レース 日刊スポーツ賞シンザン記念(GⅢ)

簡単にレース傾向をまとめてみます!

レース傾向①
3着以内馬30頭中28頭は直近で連対したレースが「芝1600メートル」、「芝1400から1500メートル」、「芝1800メートル」。

レース傾向②
出走馬の前走別成績を調べると、新馬・未勝利からオープンクラスのレースまで満遍なく好走馬が出ている。

レース傾向③
7月、8月、9月デビュー組の勝率が高い。特に8月組は連対率25.0%・3着内率40.0%と好成績。

レース傾向④
10頭の勝馬の初勝利時の単勝人気は「1番人気」「2番人気」。

レース傾向に合う馬はどの馬!?

そ れでは、先ほどのレース傾向 ①、③、④にもとづき、どの馬が期待できるのか見てみましょう! レース傾向②は参考にしずらいので分析指標からは除外します。

シンザン記念 レース傾向
シンザン記念 レース傾向

3つのレース傾向を満たす馬は、「グッドレイズ」、「シャドウエンペラー」、「ドナウデルタ」となりました!

狙い目はこの馬!

レース傾向から期待できる馬を把握したうえで、狙い目を絞っていきましょう!
血統好きな「Yoshiki」としては、やはり血統が気になります。3頭のなかでも、血統的に目立つのはドナウデルタです。注目したいのは2代母の父がバートリーニでダンチヒ系ということです。このレースならびに京都1600mの重賞はダンチヒ系の血が入った馬が好成績をあげています(実際にミッキーアイルの母父がダンチヒ系のロックオブジブラルタル )。またお母さんのドナウブルーも京都コースは得意でしたのでその点も後押しですね。さらに騎乗予定の福永ジョッキーは京都1600mは得意!
これは好条件!ということで、シンザン記念の狙い目は「ドナウデルタ」とします!

【シンザン記念の狙い目】
ドナウデルタ
父:ロードカナロア
母:ドナウブルー  母父ディープインパクト

前走のデイリー杯は若干の出遅れがあり、直線も進路が空かずスムーズさを欠いたので度外視です。不安な点といえば、デビューから3戦ともスタート後の出足が悪いんですよね。。。開幕週の京都なので、スタートさえ出てくれれば!というところです。ただ、今回は自信ありの狙い目です!

以上、シンザン記念の予想「レース傾向からの狙い目はあの馬!」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

-シンザン記念, 馬券予想

Copyright© 血統とグリーンチャンネルの話 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.