グリーンチャンネルの話 今週の重賞特集

【2019年 クイーンカップ】 プロ競馬予想家の馬券予想をチェックしよう!

投稿日:

2019年のクイーンカップのプロ競馬予想かの馬券予想をまとめました!
今回は馬サブロー・佐野祐樹氏とデイリースポーツ・井上 達也氏の予想をチェックします。

引用元はグリーンチャンネルの「トラックマンTV」です。

トラックマンTV
引用元:グリーンチャンネル・トラックマンTV

馬サブロー 佐野 祐樹氏
2019年 クイーンカップ 予想印

◎マドラスチェック
〇クロノジェネシス
▲ビーチサンバ
△1カレンブーケドール
△2ジョディー

予想印に対する佐野氏のコメント

◎ マドラスチェック

馬券の肝となるのはクロノジェネシス。

クロノジェネシスの末脚は現世代トップと感じている。
クロノジェネシスを負かすとすればどの馬かを考えた際に、クロノジェネシスよりも後ろに位置する馬はおそらく勝てない。

では、前に行って早い脚を使える馬を探したところ、マドラスチェックがしっくりきた。
前走の赤松賞(500万下)はスタート後、逃げるかどうかを迷う姿勢があった。ペースを下げたり上げたりとスムーズさに欠けるレース内容だった。その点を考慮すると勝ったジョディーとは逆転が十分に可能。

今回は体列もすんなり決まると思う。
逃げるのは赤松賞(500万下)を勝ったジョディ―、2番手はマドラスチェック。
そうなるとペースも緩やかに流れて、直線で後続とある程度差を広げておいて、後続の末脚を凌ぐレース展開を期待。

少頭数のレースで前目につけれる脚質は強み。
マドラスチェックはスピードもあるが終いの切れ味みせている馬。
早い脚を使えるというのは現状の東京競馬場では重要な要素。

前目につけて、なおかつ後続を封じ込めると考えた際にはマドラスチェックしかいない。

井上 達也氏のマドラスチェックの評価

前走は前残りの展開に恵まれた印象を受けた。重賞なので展開が流れた時にどうなるかと思う。ただノーマークにはできないと思い、連下(△)とした。

〇クロノジェネシス

前走は出遅れさえなければ勝っていた可能性がある。
マイナス要素はないが、輸送という点とホームで戦える関東馬という気持ちがあったので対抗にした。

▲ビーチサンバ

レースセンスが凄くある馬で、東京にコースが変わる点が好印象。
東京競馬場は絶対に合うと考えている。

デイリースポーツ 井上 達也氏
2019年 クイーンカップ 予想印

◎レッドベルディエス
〇クロノジェネシス
▲ミリオンドリームズ
△1ビーチサンバ
△2カレンブーケドール
△3マドラスチェック

予想印に対する井上氏のコメント

◎レッドベルディエス

本命は新興勢力のレッドベルディス。

前走の3歳未勝利戦が内容・時計ともに強いレース。
追い出すときは仕掛けるのに苦労した印象を受けたが、エンジンが掛かってから伸び脚は凄かった。

ここ2戦の上り3Fが33.7、33.6と決め手はかなりのものを持っていると感じる。
いかにも馬体は小さいが走るディープインパクト産駒の印象を受ける。

不安要素はGⅠ好走馬との相手関係だが、前走同様の東京競馬場であることから好走が期待できそう。

出来もよさそうで、レッドベルディスのバネはGⅠ上位馬相手でも通用するのはではないかと思う。

配当を考えると今回が一番狙い目。

佐野 祐樹氏のレッドベルディス評価

無印であるが否定的な無印でない。
予想印が回らなかったための無印で軽視しているわけではない。

予想印をつけた馬を上位と考え、少頭数のためどこかで見切りをつける必要がありレッドベルディスは振り落とした。

マイナス要素があるわけではない。

〇クロノジェネシス

評価をさげたわけではなく、他に買いたい馬がいたための対抗評価。

追切では陣営は「仕上がった」というコメントがあったが、印象としては力み加減で走っており姿勢も高く気がかりな内容も感じた。
桜花賞・オークスの先を見据えた一戦のため、仕上がりは余裕残しの印象。

▲ミリオンドリームズ

久々の今回でも調教の動きは非常に良い。
大物の雰囲気があるのであっさり勝ってもおかしくない馬。

△1ビーチサンバ

前走は上位2頭との加速力の差で敗れた印象。
陣営もコメントしているとおり、まだまだトモが緩く、完成度の差が出た。

中間ではトモの緩さも改善している。
ただ調教ではハミに頼って走る印象で、よくなってくるのは桜花賞の時期と考える。

友道調教師に聞くと母のフサイチエアデールと比較して「気持ちで走る精神力は似ている」との評価で、トモが緩いなど幼い体でも精神力で走ってくるタイプだと思う。

馬券予想に対する考え

お二人とも有力馬のクロノジェネシス、ビーチサンバが本命ではなく、マドラスチェック、レッドベルディエスが本命な点は意外でした。

両馬ともに10倍台の単勝オッズになりそうなので、狙い目な一頭ということでしょうか。

クロノジェネシスに対する評価は両氏ともに高く、本命に近い評価でした。

一方でビーチサンバは佐野氏が単穴(▲)、井上氏が連下(△)と若干評価が分かれました。ビーチサンバの今後の成長力を高く評価している点は両氏ともに共通なので、現在の完成度の評価の差と解釈するのが順当でしょう。


【2019年 クイーンカップ】 プロ競馬予想家の馬券予想をチェックしよう!
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

クイーンカップの予想にはこちらの記事もおすすめです!

引用元のグリーンチャンネルを検証しました!

-グリーンチャンネルの話, 今週の重賞特集
-

Copyright© 血統とグリーンチャンネルの話 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.