注目馬 血統分析 血統の話

【オメガパフュームは強いのか】血統から分析して特徴・能力を検証!

更新日:

オメガパフューム2
注目馬を血統から分析するこのコーナー!
今回はオメガパフュームの血統を分析し、特徴・能力を検証します。

結論!
血統から考えるオメガパフュームの特徴・能力

「話は結論から!」ということで分析結果のオメガパフュームの特徴・能力を最初にお伝えします。
スピード、脚質・パワー、補完能力、適性・成長型の視点からまとめています。

スピード

スピード絶対値:★★★★★★★★☆☆ (8)
スピード持続力:★★★★★★★★☆☆ (8)
スピード加速力:★★★★★★☆☆☆☆  (6)

脚質・パワー

脚質:差し

勝負根性:★★★★★☆☆☆☆☆  (5)
瞬発力:★★★★★★★★☆☆  (8)
パワー:★★★★★★★★★☆  (9)

補完能力

健康:★★★★★★★★★☆ (9)
気性:★★★★★★☆☆☆☆ (6)

適性・成長型

馬場適性:芝× ダート◎
距離適性:1600m~2000m


-----------------------------------
【スポンサー広告】

見放題作品90,000本以上のU-NEXT
成人向け作品も31日間無料トライアルで視聴可能
-----------------------------------

オメガパフューム 基本情報

オメガパフューム
それではオメガパフュームをじっくり分析していきましょう!
まずは簡単に基本情報と競走成績を確認します。

性齢:牡4歳
生年月日:2015年4月6日
調教師:安田翔伍 (栗東)
馬主:原禮子
生産者:社台ファーム
名前の由来:冠名+香水。母名より連想

父:スウェプトオーヴァーボード
母:オメガフレグランス
母父:ゴールドアリュール

近親馬:目立った活躍をした近親馬はいません。

オメガパフューム 競走成績

通算9戦5勝(5-2-1-1)

3歳

①3歳新馬/3番人気1着
②3歳500万下/1番人気1着
③青竜S(OP)/2番人気3着
④加古川特別(1000万下)/1番人気1着
⑤ジャパンダートダービ(GⅠ)/4番人気2着
⑥シリウスS(GⅢ)/2番人気1着
⑦JBCクラシック(GⅠ)/2番人気2着
⑧チャンピオンズC(GⅠ)/4番人気5着
⑨東京大賞典競走(GⅠ)/3番人気1着

※投稿日時点での成績

オメガパフューム 血統考察

血統考察
ここからは本題の血統考察に入ります!

オメガパフューム 血統表(5代)

オメガパフューム 血統表(5代)
オメガパフューム 血統表(5代)
インブリード
ノーザンダンサー 5 x 5 x 5
ヘイルトゥリーズン 5 x 5

父:スウェプトオーヴァーボード

スウェプトオーヴァーボード
スウェプトオーヴァーボード

父がエンドスウィープの同馬。
米国で生まれ、競走馬としても米国で走りました。
通算成績は20戦8勝。GⅠのメトロポリタンH、エインシェントタイトルHを勝っています。

引退後は父エンドスウィープが2002年に死亡し、当時の日本に後継種牡馬がいなかった影響もあり日本に輸入されました。
代表産駒として有名なのはスプリンターズS(GⅠ)連覇のレッドファルクスです。その他、アイビスサマーダッシュなど重賞を3勝したパドトロワやシルクロードSを勝ったアーバンストリートがいます。
珍しい産駒でいえば、長距離のステイヤーズSを勝利したリッジマンもあげれます。

基本的には短距離を得意とし、スピードに長けた産駒を送り出しています。

母:オメガフレグランス

オメガフレグランス
オメガフレグランス

現役時代は18戦して3勝。
ダートのマイル~中距離を中心に走り、1000万下止まりで条件馬で繁殖入りしています。

現役時代のレース展開は差し~追い込みで、中段から後方につけて終いを活かす競馬を得意としていました。

母父:ゴールドアリュール

ゴールドアリュール

「黄金の魅力」という馬名の由来を持つ同馬。
現役時代もダートを舞台に黄金の名に恥じない活躍を見せました。

現役時代は通算16戦8勝。
GⅠのフェブラリーステークス、東京大賞典、ジャパンダートダービー、ダービーグランプリなどを勝っています。

ダート馬の印象が強いゴールドアリュールですが、3歳夏までは芝を中心に走っていました。
芝でも掲示板をはずしたことはなく、日本ダービーにも出走し、13番人気で5着と好走しています。
その後、ダート路線に転向し、輝かしい成績をあげました。

現役最後となった帝王賞は1.1倍の圧倒的な人気を集めましたが、11着に大敗してしまいます。その後の検査で喉鳴りを発症している事が判明し、完治には手術と長期の休養を要するため現役を引退しました。

種牡馬としても優秀でエスポワールシチー、スマートファルコン、コパノリッキー、ゴールドドリームなどダートGⅠ場を多数輩出しました。

産駒の特徴としては、ダートで1000から2000まで幅広い距離をこなし、パワー先行型の馬が多い傾向にあります。
脚抜きのよいダート重馬場よりはパワーがいる乾いた砂の良馬場で好走する馬が多いです。

血統分類(日本・欧州・米国の血統型分類)

オメガパフューム 血統分類表
オメガパフューム 血統分類表

<参考>血統分類表の見方
緑色:瞬発力×スピードが特徴の日本型血統 
青色:パワー×スタミナが特徴の欧州型血統
赤色:ダート×スピードの加速力・持続力の米国型血統
黄色:大種牡馬でどの血統型にも分類されない馬
赤字:インブリード
※血統への影響が強い種牡馬を色付けし、母馬は無色。

血統分類・インブリードの考察

オメガパフュームの血統分類の特徴は父系から米国型血統を母系から日本型血統欧州型血統を取り入れ、バランスがよいことです。

父:スウェプトオーヴァーボードが属するフォーティナイナー系はスプリント戦での能力が高く、スプリントではディープインパクトをはじめとするサンデーサイレンス系をもしのぎます。
代表産駒のレッドファルクスがよい例かと思います。

そのようなダートでのスプリント・スピード優先の血統に母系のリアルシャダイやヌレイエフがスタミナやパワーを、サンデーサイレンス系の母父ゴールドアリュールが瞬発力とさらにパワーを付加しています。

オメガパフュームがダート中距離で好走するのは、この母系がスタミナとパワー、瞬発力を補っている影響と考えます。

インブリードについてはノーザンダンサーとヘイルトゥリーズンが発生しています。
デビュー以降1年で9戦もレースに出走しており、頑丈な印象の強いオメガパフュームですが、その頑丈さはノーザンダンサーのインブリードからきているのではないでしょうか。

【血統分類や血統が気になったあなたにはこちらがおすすめ!】

血統から適性を考察

馬場適性はもちろんダートで、距離は1600~2000mがベストです。

母系にゴールドアリュールと欧州型血統を取り込んでいますので、乾いたダートのパワー勝負が得意といえるでしょう。平坦コースよりは起伏があるコースが向いていると思います。
パワーだけでなく瞬発力も兼ね備えています。

成長型は父:スウェプトオーヴァーボードのフォーティナイナー系を考慮すると、早熟とまでは言えませんが、仕上がりは早そうです。

現状の成績では右回りと比べて左回りでの成績が今一つなため、右回りでパワーが求められる中山競馬場や阪神競馬場のダート・マイル~中距離が最もコース適性がありそうです。

まとめ!
血統から考えるオメガパフュームの特徴・能力

オメガパフューム2
最後に血統から特徴・能力をまとめます!

スピード

スピード絶対値:★★★★★★★★☆☆ (8)
スピード持続力:★★★★★★★★☆☆ (8)
スピード加速力:★★★★★★☆☆☆☆  (6)

脚質・パワー

脚質:差し

勝負根性:★★★★★☆☆☆☆☆  (5)
瞬発力:★★★★★★★★☆☆  (8)
パワー:★★★★★★★★★☆  (9)

補完能力

健康:★★★★★★★★★☆ (9)
気性:★★★★★★☆☆☆☆ (6)

適性・成長型

馬場適性:芝× ダート◎
距離適性:1600m~2000m

成長型:早め(デビュー直後から活躍し、3歳秋から4歳にかけて活躍する)

血統分析から特徴と能力を考察しました。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

オメガパフュームのライバルを特集した記事もおすすめです。


-----------------------------------
本ページの情報は2019年2月時点のものです。
PRで取り上げたU-NEXTについての最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
-----------------------------------

-注目馬 血統分析, 血統の話
-,

Copyright© 血統とグリーンチャンネルの話 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.