競馬分析 競馬場・コース解説

【コース解説】中山 芝2000mの傾向をつかもう!

更新日:

みなさん、こんにちは!競馬をこよなく愛する「Yoshiki」です!

「競馬は血統のスポーツ」が僕の競馬に対する格言ですが、馬券を購入する(競馬を予想する)上でコースの特徴を把握し傾向をつかむことは血統同様に重要な要素です!

各競馬場のコースの特徴と傾向を解説する「コース解説」。今回は中山芝2000mを特集します!

今回の内容

  1. コース形態と特徴/コース形態と特徴を把握しよう!
  2. 種牡馬別成績/種牡馬別の成績をチェック!
  3. 枠番別成績/気になる枠番別成績は!?
  4. 脚質成績/逃げ、先行、差し、追い込み、有利な脚質は!?
  5. 騎手別成績/得意とするジョッキーをチェック!
  6. まとめ/中山芝2000mの特徴・傾向をまとめてみましょう!

コース形態と特徴を把握しよう!

中山 芝 2000m コース形態
(引用元:中山競馬場 芝2000m | 全競馬場コースデータ | 競馬ラボ

中山芝2000mは右回りで、内回りコースを使用します。2000m内にコーナーは4つあり、小回りコースです。スタート地点は4コーナーを曲がり終えたホームストレッチの右端です。スタート後、1コーナーまでの距離は405m。1コーナーまでの距離が十分あり、1コーナー入り口の2F目(200m~400m)に先行争いが激しくなる傾向にあります。ただし、2コーナーを過ぎて向こう正面に入ると、ペースは落ち着くことが多いです。最後の直線の長さは310mと中央4場の中では最短です。ゴール前には高低差2.4mの急坂があり、「心臓破りの坂」と言われています。

コーナーを回る器用さと坂をものともしないパワーが重要なコースと言え、脚質的には先行馬が強いです。中山芝2000mはホームストレッチの右端からのスタートのためゴール前の急坂を2回超えるタフさも要求されます。

開催日が進むにつれて馬場が荒れて時計の掛かる馬場になる事が多く、開催日程後半や冬場はその傾向が強いです。そのためスタミナが豊富なパワータイプの馬が好走するケースが増えてきます。ただし秋の9月開催は野芝(日本芝)がメインで高速馬場となり、走破時計が速くなる傾向にあります。レコード決着もみられ、スピード豊富な馬が好走しやすく、逃げ・先行が有利となりますので留意しましょう!

トリッキーなコースのため、枠順や展開、騎手の腕一つで結果を左右することも少なくありません。

種牡馬別の成績をチェック!

中山芝2000m 種牡馬別成績(1着数順)
中山芝2000m 種牡馬別成績(1着数順)
※データ期間:投稿日より過去3年間の集計

1着数トップ10の種牡馬で勝率10.0%以上、連対率20.0%以上、3着内率30.0%以上のすべての要件を満たす種牡馬は「ディープインパクト」、「キングカメハメハ」、「ルーラーシップ」です。この3頭は中山芝2000mと相性の良い種牡馬と言えます。2位、3位、4位の「ステイゴールド」、「ハーツクライ」、「ハービンジャー」も悪い数字ではありませんので、中山芝2000mを得意とする種牡馬と考えてよいでしょう。トップ10には入っていませんが「バゴ」、「ドリームジャーニー」は勝率15.0%以上、連対率25.0%以上、3着内率40.0%以上の好成績を出していますので、この2頭の産駒が中山芝2000mを走る際は要チェックです!

気になる枠番別成績は!?

中山芝2000m 枠別成績
中山芝2000m 枠番別成績
※データ期間:投稿日より過去3年間の集計

大外の8番枠が勝率9.4%と最もよい成績をあげています。また勝率、連対率、3着内率(馬券に絡む枠)を総合的に考えた場合、内枠の1番枠・2番枠も成績がよいです。その他、5番枠においても勝率、連対率、3着内率ともに好成績となっています。一方で3番枠、4番枠、6番枠、7番枠の成績は見劣りしており、6番枠は勝率5.4%と特段低い数字です。注意が必要でしょう。

逃げ、先行、差し、追い込み、有利な脚質は!?

中山芝2000m 脚質別成績
中山芝2000m 脚質別成績
※データ期間:投稿日より過去3年間の集計

勝率、連対率、3着内率ともに逃げ、先行が10.0%を超えており、高い成績をあげています。直線の長さ310mで小回りコースというコース形態の特徴が明白に出ている結果といえるでしょう。差し、追い込みは厳しい成績になっており、追い込みの勝率2.4%は極端に低い数字です。馬券予想時には必ず押さえておきたい数字ですね!

得意とするジョッキーをチェック!

中山芝2000m 騎手別成績
中山芝2000m 騎手別成績
※データ期間:投稿日より過去3年間の集計

勝利数は戸崎騎手が1位となっていますが、ルメール騎手の勝率40.0%は非常に高い数字となっています!ルメール騎手の2018年年間勝率27.8%と比較すると、その勝率の高さから中山芝2000mを得意としていることがよく分かります。ルメール騎手の3着内率は70.0%!中山芝2000mのレースの出馬表騎手欄にルメール騎手の名前があれば、3連複・3連単には必ず入れておいた方がよいでしょう!3位の田辺騎手も3着内率が41.1%ですので、馬券予想時には考慮しておきたいですね。1位の戸崎騎手も成績はよいのでしっかり押さえておきましょう。なお、勝利数は圏外となりますが、M.デムーロ騎手、川田騎手も高い成績( 勝率、連対率、3着内率)を残していますのでチェックしておきましょう!
一方で武豊騎手や横山典弘騎手は2勝未満の圏外となっています。中山芝2000mは弥生賞、皐月賞など注目レースが多いためか、僕自身は両騎手が活躍しているイメージが強かったのですが、データを見て反省。。。しっかりと把握しておきましょう!

中山芝2000mの特徴・傾向をまとめてみましょう!

  1. 2000m内にコーナーは4つあり小回りコース、高低差2.4mの急坂を2回こえる必要があり、器用さとパワー、タフさが求めれるコース。
  2. 活躍する種牡馬は「ディープインパクト」、「キングカメハメハ」、「ルーラーシップ」! 「ステイゴールド」、「ハーツクライ」、「ハービンジャー」 など欧州型の血統を持つ種牡馬も活躍。「バゴ」、「ドリームジャーニー」 の産駒が出走した際は要注意!
  3. 枠番は大外8番枠か内枠1番枠・2番枠、中央5番枠が好成績(内・中央・外のイメージ)。
  4. 脚質は逃げ、先行が明らかに成績がよい!人気馬でも脚質が追い込みの場合は検討が必要。
  5. 騎手はルメール騎手が断トツで好成績!続いて田辺騎手、戸崎騎手 、
    M.デムーロ騎手、川田騎手を押さえておく。

最後に…

以上、「【コース解説】中山 芝2000mの傾向をつかもう!」でした。
あなたの馬券の参考になれば幸いです!
最後までお読みいただき、ありがとうございました!



-競馬分析, 競馬場・コース解説

Copyright© 馬券応援団 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.