グリーンチャンネルの話

【フェブラリーステークス2019年】インティなど有力馬の見解と調教・パドック情報(グリーンチャンネル/ケイバどーも!より)

投稿日:

フェブラリーステークス
今回はグリーンチャンネルの番組『ケイバどーも!』のフェブラリーステークスについて特集します。
番組内で競馬専門紙優馬トラックマン 久光匡治氏が解説した有力馬の見解と調教・パドック情報をまとめました。

グリーンチャンネルにご興味がある方はこちらの記事もおすすめ

特集した有力馬

インティ
ゴールドドリーム
オメガパフューム
コパノキッキング
サンライズノヴァ
ユラノト

それでは久光匡治氏の各有力馬に対するコメントを紹介します!

インティ

インティ

相手関係が強くなってどうかという点もあるが、走破時計は昨年暮れのチャンピオンズカップよりも0.3秒早い。時計の数字上ではGⅠでも十分に通用する力を持っている。

問題とすれば1600mの距離とスタート後の芝コース。血統的にはスピード勝負は歓迎だが、芝スタートでそのスピードが最初からどこまで見れるかがポイント。

状態面は前走東海ステークスと比べて、1週前調教の様子はしっかりと追えている。直前追い切りが見物だが、現段階ではいい状態

パドックでは東京が初めてで、輸送距離が長くなるので落ち着きに注目したい。

馬体重はもう少し絞れてもよい印象のため510kgを割るぐらいがよい。馬体重は増えるよりは減るぐらいがベター。

ゴールドドリーム       

ゴールドドリーム

前走の東京大賞典はケイティブレイヴとオメガパフュームと挟まれるかたちになる厳しい競馬だったが、最後は中からグイっと伸びる強い競馬。
東京大賞典の斤量がオメガパフューム55kgに対して、ゴールドドリームは57kg。今回のフェブラリーステークスは斤量が同じとなるため、力関係が変わる可能性がある。

現在の状態については、1月下旬に坂路で好時計が出ている。
その後、コースに入れて調教し、併せ馬相手に直線ではぶっちぎる内容。5Fは自己ベストをマークしている。
同じ東京大賞典を使ったオメガパフュームと比べて現段階ではゴールドドリームの方が好感を持つ。

昨年のフェブラリーステークスでは二人引きのチャカつく印象のあった馬だが、ここ最近は落ち着いた印象を受ける。

テンションが上がりやすい馬のため、レース当日に落ち着きが見られるとよい。馬退重は前回が減っていたため、最低でも510kgは維持したい。

オメガパフューム

オメガパフューム

前走の東京大賞典は外々を回るかたちとなったが、ケイティブレイヴの粘り込みの競馬を差し切る強い競馬。

相手関係で斤量が増える今回のフェブラリーステークスがどうでるか。

気になるのは左回りの適性
東京競馬場の青竜Sの時は、直線で内にささっており、チャンピオンズカップは結果5着。
右手前で走る時にちょっともたつく印象があるため、今回も左回りの対応力が問われる。

状態は前走の東京大賞典と比べて、1週前の追い切りではレース間隔が空いた割には調教不足を感じる。
直前の調教でビッシリと早い時計が出ていると理想。

パドックの注目点は時折小走りになるのがオメガパフュームの特徴のため、それよりうるさくないか。
またレース間隔が空いたので馬体重は増えている方がよい。

コパノキッキング

コパノキッキング

藤田奈七子騎手騎乗のため、単勝オッズでは3番人気が想定されるオメガパフュームまで接近する可能性がある。

前走の根岸ステークスでは中段の外目で末脚をしっかりと温存して、直線では弾けた。
最後に抜け出してからは脚色が2着のユラノトと同じ印象を受けたので、フェブラリーステークスで距離延長が課題。
カペラステークスでのレース振りを見る限り、芝スタートが得意ではないが、展開は向きそうなので距離延長を乗り越える可能性もある。

1週前の状態はしっかりと時計を出しており、伸び伸びとしたストライドで走れている。今週の直前追い切りも同様の内容で走れているかがチェックポイント。

前走の根岸ステークスでは入れ込みが見られたので、当日のパドックでは前走よりも落ち着きが見られるかがポイント。馬体重は470kg台で出てきてほしい。

サンライズノヴァ

サンライズノヴァ

前走の根岸ステークスではサンライズノヴァのいつもの伸びがなかったが、走破時計が1分35秒5と根岸ステークスの歴史では遅い時計であった。

サンライズノヴァは早い時計で好走しているため、軽い馬場が得意なのではと思う。
そのため、前走の結果が地力とは思わない
天候が悪くなり、脚の抜けがよい軽い馬場になった場合、好走が期待できる。

前走の根岸ステークスは仕上がりは良かった印象を受けたが結果が出なかった。
1週前の状態は、単走で時計を出しており、昨年のフェブラリーステークスの同時期より意欲的

前走が奮わなかったためか、しっかりと負荷をかけている印象。直前追い切りも変わり身を期待してビシッと追えていた方がよい。

前走は久しぶりに540kg。結果的には重かったのでは思うので、馬体は絞れたほうが良い
また根岸ステークスはこの馬にしては大人しすぎたので、ちょっとチャカつくぐらいが丁度よい。

ユラノト

ユラノト

前走の根岸ステークスでは、内々をロスなく回り、文句のつけようがないスムーズな競馬内容。
とにかく堅実で距離延長もまったく問題ない。

中2週となるが現在の状態は疲れを感じさせない
もともとレース間隔をつめて好走している馬のため、元気いっぱいの印象。

直前追い切りは控えめな内容になりそうだが、既に仕上がっていると考えてよい。

パドックのチェックポイントは、直近のレースで徐々に馬体重が増えているため+10kgなど大幅馬体重の増加は望まない
少し絞れているぐらいがGⅠ仕様で好感を持てる。

フェブラリーステークスの予想におすすめ記事

 馬券応援団 
馬券応援団
https://keibalife.net/inti-pedigree/
馬券予想に役立つ情報

久光氏のコメントに対する印象

番組内の久光氏のコメントを聞いた限りでは、ゴールドドリーム、インティ、サンライズノヴァの評価が高いのかなという印象を受けました。
ぜひご参考下さい!

最後までお読みいただきありがとうございました。

グリーンチャンネルにご興味がある方はこちらの記事がおすすめ

-グリーンチャンネルの話
-

Copyright© 馬券応援団 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.