レース分析の話

<超新星 インティ>インティはどこまで強いのか!?直近4レースで強さを分析してみました!

更新日:

インティ
ニュースターの誕生として注目を集めるインティ

こんにちは!血統大好き・グリーンチャンネルマニアのYoshikiです。

「超新星」「奇跡の馬」と呼称され、話題を集めるインティ!

インティはどこまで強いのか!?

直近4レースから、その強さを分析していきます!

特集内容

①3歳上1000万下を分析
②観月橋S(1600万下) を分析
③東海テレビ杯東海ステークス(GⅡ)を分析
④フェブラリーステークス(GⅠ)を分析

2018/10/14
京都 3歳上1000万下 ダ1800m(良) 武豊騎手
1番人気1着

レース映像をチェックしましょう!

3歳上1000万下

レース内容

スタート後先手を奪い、そのまま直線へ。

直線でも前走同様ノーステッキで、軽く仕掛けるだけ!

2着馬テイエムチューハイを引き離し、10馬身差の楽勝!

タイムは1:50.1、上り3F36.8と非常に優秀。

持ったままの馬なりで出しているタイムなので非常に優秀!!

2018/11/10
京都 観月橋S(1600万下)ダ1800m(稍) 武豊騎手
1番人気1着

こちらもまずはレース映像をチェックしましょう!!

観月橋S

レース内容

スタート後、スピードの違いからか一旦は先手を取るが、リアンヴェリテの積極的な姿勢をみて2番手につけます。

最終コーナーから進出を開始して、直線では早め先頭に!

今回もノーステッキで、軽く仕掛けるだけ!!

2着のテルペリオンに5馬身の差をつける圧勝。

タイムも1:49.4!上り3Fは35.9!!

このレース内容でも、鞍上の武豊騎手から「まだまだ幼くて馬体もしっかりしていない」とコメントがでる末恐ろしいポテンシャル。。。

レース後関係者コメント

〇武豊騎手
まだまだ幼くて馬体もしっかりしていないのに、この勝ちっぷりですから。しっかりしてくれば、もっと楽しみです」

2019/01/20
中京 東海テレビ杯東海S(GⅡ) ダ1800m(良) 武豊騎手
1番人気1着

レース内容

スタートは五分のスタートでしたが、その後、抜群のスピードで先頭に立ちます。

道中は軽快に飛ばしながらマイペースで進めるレース展開。

直線では後続をグンと引き離し、ゴール前は抑える余裕も見せての逃げ切りV

最後詰め寄った2着のチュウワウィザードに2馬身差をつけ快勝。

さらに3着のスマハマにはインティから9馬身差をつける強い内容。

 

走破時計の1分49秒8は、中京ダート1800mの重賞では最速!

レース内容、時計ともに圧巻の競馬での重賞初制覇を果たしました!!

レース後関係者コメント

〇武豊騎手
「期待していましたが、期待通りの競馬をしてくれて、ホッとしています。ゲートの出はそれほど速くなかったのですが、その後は速かったです。元気が良すぎて力んでいました。キャリアが浅いですし、1戦ずつ馬が良くなっています。さすがに重賞なので後ろが来るのではないかと思いましたが、スピードは鈍りませんでした。結構なペースで行って心配しましたが、大した馬です」

2019/02/17
東京 フェブラリーステークス(GⅠ) ダ1600m(良) 武豊騎手
1番人気1着

レース内容

GⅠ初挑戦となったフェブラリーステークス。

戦前ではスタート後の芝コースや初のマイルなど不安要素が取りざたされます。

それでもレースでは単勝2.6倍の1番人気の支持を集めます!

スタートを決めたインティ。

心配された芝コースも苦にせず、すんなりとハナに立ちます。

道中は武豊騎手が絶妙なペースに落とし、楽に逃げ、レースを進めます。


直線手前でリードを広げ直線へ。

楽な手応えのまま他馬との差を広げ、早々とセーフティリードを確保

最後はゴールドドリームに詰め寄られますが、余裕を持って1着入線!

ダート界のニュースター誕生を予感させる初GⅠ制覇となりました。

レース後関係者コメント

〇武豊騎手
強かったですね。いいスタートが切れましたし、周りを見て先手を主張して行きました。やる気がありすぎて返し馬でも止まらないくらいだったので、自滅だけはしないように気をつけて乗りました。道中はいいリズムで、いいペースで走れましたし、4コーナーを回ったらリードを広げようと思っていましたが、その通りに行けました。強い馬が来る前にセーフティリードを取れました。去年の夏に初めて乗ってから期待していましたし、ここまでになってくれて嬉しいです。まだまだ伸びしろもあると思います。ニュースターの誕生ですし、是非これからも応援してください」

〇野中賢二調教師
「前回、輸送の競馬が久々だったのでテンションが高くなり心配しましたが、武騎手がうまくなだめてくれて、レースには影響ありませんでした。最初の3ハロンのラップが激流にならないよう、巻き込まれないようにということを、戦前、武騎手とは話しました。芝スタートは心配していませんでしたし、先頭に立つまでも無理せず行けていましたから、急に失速するようなことはないなと序盤で思いました。直線で手前を替えていませんでしたから、最後は厳しいかと思いましたが、押し切ってくれて、改めてすごい馬だと思いましたし、勝ててホッとしました。体質が弱く、なかなか順調に使えない中、連勝で一気にGIまで勝ってしまう馬はそうそういません。まだまだ荒削りで課題が多い馬ですが、今後もしっかりやっていきたいと思います。今日は、前走の後よりもレースを走った感じが、馬の息遣いなどからも感じました。1週間くらい馬の様子をしっかり見て、ケアして、今後のことを決めたいと思います」

まとめ

インティは間違いなく強いです!

それも末恐ろしいレベルの可能性があります。
(正直、レース内容を見ているとサイレンススズカを思い出しました)

直近4Rは非常に強い勝ち方でレースの内容も文句のつけようがありません。

圧巻はGⅠ初制覇となったフェブラリーステークス!

スタート後の芝コースや初のマイルなど不安要素が多い中で、2着のゴールドドリームを力で捻じ伏せました。

こうなると、現役最強ダート馬『ルヴァンスレーヴ』と『インティ』のどちらが強いのか!?が気になりますね。

 

正直、今回の記事を投稿した理由はインティ「粗探し」をしようと思ったからなのですが、

特段ケチをつけるところが見当たらない。

それでも無理やり課題をあげるとすれば、

〇揉まれたレースをした事が無い

〇体質が弱い

の2点があげられます。

ただ武豊騎手がコメントしているように、まだまだ伸びしろがある馬なのでキャリアを積むことで課題も解決されるでしょう!

今後のインティのさらなる活躍が楽しみです!!

最後までお読みいただきありがとうございました。


インティを見るならスカパーのグリーンチャンネル!
インティのパドック、本場馬入場をチェックして馬券を当てよう!

【スカパー!】加入月は視聴料0円!加入料も不要!

<インティの血統を分析したこちらの記事もおすすめ!>


-レース分析の話
-

Copyright© 血統とグリーンチャンネルの話 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.