一頭入魂

【この馬に注目 Vol.2】べルカントの半妹「イベリス」

更新日:

べルカントの半妹「イベリス」が気になる!

みなさん、こんにちは!競馬をこよなく愛する「Yoshiki」です!

僕が注目する馬をご紹介するこのコーナー。今回はべルカントの半妹にあたる「イベリス(牝2歳)」を取り上げます!

べルカントの半妹「イベリス」
べルカントの半妹「イベリス」

なぜ「イベリス」が気になったのか!?

僕がイベリスが気になった理由ですが、ドナウデルタ(牝2歳)のデビューレースを目的に、2歳新馬戦(2018年9月9日 阪神6R 芝1400m)をチェックしたことに起因します。レース映像後半、直線に入り、ドナウデルタが外から伸びてきたなと思っていたら、さらに外から凄い脚で伸びてくる馬がいます!それが「イベリス」でした。
この馬、強そうだな!と感じてイベリスの情報をチェック。そうすると、僕が好きなベルカントの半妹じゃないですか!これは応援するしかない!!ということで速やかに過去のレース映像をチェック。そのような流れで今回の投稿にいたっています。

イベリスの成績(2018年12月31日時点)

それでは、気になるイベリスのレース成績をチェックしてみましょう!

イベリス レース成績(2018年12月31日時点)
イベリス レース成績(2018年12月31日時点)

4戦2勝、勝ったレースはいずれも芝1200mで良馬場というのが特徴的ですね。デビュー戦はスタート後出足がつかず、直線後方から追い込んでくるかたちとなりましたが、2戦目以降は先行しています。特筆すべきなのは4戦目のさざんか賞(500万下)。逃げて走破タイム1:09.0の1着で前半3F:34.4・後半3H:34.6、2着との着差3馬身と優秀なタイム、勝ち方をしています。

超短距離血統のイベリスの血統背景

そんなイベリスですが、父:ロードカナロア 、母:セレブラール、母父:ボストンハーバーの血統です。半妹にベルカント(父:サクラバクシンオ―)、ひとつ上の全妹にはエヴァイエがいます。お母さんのセレブラールは38戦3勝、全レースが1200m~1600mを走っています(うち29戦が1200m以下のレース)。
この血統ですが超短距離血統の家系で基本的には芝1200mで能力を発揮します。米国系の母父:ボストンハーバーや母母父:サートリストラムの血が影響しているのでしょう。母父:ボストンハーバーは2歳戦から活躍するような仕上がりが早い馬が多く、総じて短距離競走を好みます。

イベリス 血統表(5代)
イベリス 血統表(5代)

クロスには「Northern Dancer 5 x 5」、「Raise a Native 5 x 5」があります。「 Northern Dancer 」のクロスが体質の強化や回復力を促し、「Raise a Native」のクロスがスピード血統を加速されている印象を受けます。
父系、母系ともに米国系の血統ですので短距離×ダート系といえますね。

イベリスの今後の展望

半妹にベルカント、父:ロードカナロア、父系、母系ともに米国系の血統という点を考慮すると間違いなく超短距離馬といえるでしょう。適正レースは芝1000~1200m。米国系の血統ですが、ロードカナロア産駒はダートでは条件下までなのでダートは向かない可能性が高いです。
新潟の1000mやローカル競馬場の1200m、京都の1200mが合いそうです。2019年前半のレースで言えば、フィリーズレビューや葵Sで好走してきそうな感じです。また、夏以降オープン馬であれば、お姉さんのベルカント同様ローカルの短距離重賞でも活躍してきそうですね!

最後に…

ベルカントを超える逸材かどうか!イベリスには注目ですね!!

以上、この馬に注目!べルカントの半妹「イベリス」を特集しました。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

-一頭入魂

Copyright© 馬券応援団 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.