シンザン記念 馬券予想

【シンザン記念/馬券予想】「新春は絶対的中したい」ので全出走馬を分析!◎アントリューズ、〇ドナウデルタ、▲パッシングスルーで馬券的中を狙います!

更新日:

馬券予想が難解なシンザン記念の本命はアントリューズ!
馬券予想が難解なシンザン記念の本命はアントリューズ!

みなさん、こんにちは!競馬をこよなく愛する「Yoshiki」です!

中山金杯、京都金杯は両レースとも3着内に予想印を打った馬が2頭いるのに、もう1頭がいない!馬券も当たらず落ち込んでいます。

が、レース回顧はシンザン記念が終わった後にするとして、気を取り直してシンザン記念の馬券予想に入ります!


シンザン記念/馬券予想 特集内容

①まずはコースの特徴と予想馬場状態をチェック!

②出走馬全12頭を分析!

③シンザン記念の予想印!

④馬券の買い目を発表!


まずはコースの特徴と予想馬場状態をチェック!

今回のコースは京都芝1600m(外回り)です。

詳細のコース分析は別記事「【コース解説】京都 芝1600m(外回り)の傾向をつかもう!」でご確認いただくとして、特徴をまとめるとこうなります!

①スタートからペースが速めとなり、中盤でもペースが緩むことも少ないコース形態。実力馬がスピードに乗って好走しやすく、実力のある人気馬は信頼度が高いコース!

②種牡馬で好成績はロードカナロア、アドマイヤムーン!続いてディープインパクト、キングカメハメハ。ステイゴールドやハービンジャーなど血統にスタミナ・パワーに優れた欧州型が多い産駒は苦戦気味。

③2番枠、3番枠、8番枠が好成績!一方で極端に成績が悪い5番枠は要注意。

④逃げ、先行の脚質が有利!差しについても悪くない数字。逃げの単勝回収率は214.9%、複勝回収率は172.6%で馬券的なうまみあり!

⑤川田 将雅騎手、M.デムーロ騎手、武 豊騎手、福永 祐一騎手が好成績!C.ルメール騎手は苦手にしている傾向あり。

それに加えて注意したいのは開幕週の京都であること。いつにも増して逃げ、先行有利であることは想定しておくべきでしょう。

次に天気予報から馬場状態を予想しましょう。

京都競馬場周辺の天気
京都競馬場周辺の天気

天気予報では降水0mm。これは良馬場開催でしょう!

コースの特徴・傾向と当日の馬場状態を把握したうえで各馬の分析に入っていきましょう!

出走馬全12頭を分析!

①マイネルフラップ

まずはヴィクトワールピサ産駒のマイネルフラップです。

この馬ですが道悪になれば買う予定でした。

前走の千両賞(500万下)は豪快な末脚で1着ですが、過去6戦で馬券に絡んだレースは全て道悪なんですよね。良馬場は3戦して中京2歳S(OP)の5着が最高成績なので買いづらい。そしてスタートが良くないので、開幕週の京都で追込み脚質の馬はさらに厳しいので馬券の買い目からは消しです。

②ヴァルディゼール

ロードカナロア産駒のヴァルディゼールです。

前走の2歳新馬は京都芝1600mで2着に3馬身差をつけて1着。先行して直線手前で3番手、直線で突き放すという強い勝ち方でした。レース内容自体にもセンスを感じさせます(ロードカナロア産駒の特徴のスマートなレース運びの印象)。

ただタイム的には1:36.4と平凡でした。またこの2歳新馬戦のレースに出走した他10頭は全て現在も未勝利馬です。その点からレースレベルを低いと考えてよいでしょう。

父:ロードカナロアの京都芝1600m(外回り)の成績が優秀なこと(勝率:26.7% 、連対率:33.3%、3着内率:40.0%)。脚質が先行(勝率:10.9%、連対率:20.6%、3着内率:28.3%)。それに何より枠順が絶好枠の2番に入ったこと(勝率:10.9%、連対率:20.6% 、3着内率:28.3%)を考慮すると気になる一頭ではあります!

③ハッピーアワー

続いてハービンジャー産駒のハッピーアワーです。

前走はアドマイヤマーズが買ったデイリー杯2歳S(G2)で3着。終いの3Fは33.6でメンバー中最速でした。
この馬、父:ハービンジャーなのになぜ京都で終いが切れたのかが不思議だったのですが、血統を見ると母父:ディープインパクトなんですよね。それを見てなるほど!と思いました。

今回のシンザン記念でも終いは確実に末脚を発揮してくると思います。あとは出遅れ癖があるので、出遅れた場合の3番枠のため3コーナーから4コーナーにかけて外々を回っての直線勝負の展開になる可能性が高いです。前半のペースが鍵を握りそうです!

余談です。このハッピーアワー、過去5戦がすべて1600m以下ですが、なぜもう少し長い距離を走らないのかと思います。父:ハービンジャー、母父:ディープインパクト、母のサクセスシルエットも現役時代は芝1600~2000mを走っています。血統的に競馬場で言えば中山か阪神。距離で言えば2000~2400m、もしくは1800mと思うのですが…。短い距離を走るのは気性的な問題があるのでしょうか。

④ゴータイミング

次に京都芝1600mといえばディープインパクト産駒のゴータイミングです。

前走は僕が渋い血統で好きなニシノデイジー(興味がある方はこちらをクリック下さい)が買った東京スポーツ杯2歳S(G3)で15着と大敗しています。道中かかっってしまい、そこで脚を使ったのが敗因でしょう。もしくは左回りが苦手か。

初戦の勝った新馬戦は阪神で馬場状態が重でした。雨が降りしきるなかでなかなかの差し脚を発揮して勝ちましたが、これは母:サラフィナの母系の欧州型血統(スタミナ・パワー型)が影響しているでしょう。

鞍上の武豊騎手が後方からレースを進めそうなので、今回のコース形態から言うと馬券的には買いづらい一頭です。

⑤アントリューズ

ヴァルディゼールに続きロードカナロア産駒のアントリューズです。

前走は東京のベゴニア賞(500万下)をメンバー中最速の上り3F33.2で差し切って1着。前々走も東京の2歳未勝利戦を早め3番手につけてメンバー中最速の上り3F34.2で1着。

この馬ですが先行できて終いは切れる、なかなかの馬だと思います。初戦の福島芝2000mの凡走(7着)を気にされる方もいるかもしれませんが、これは血統的に距離が長すぎです。母系が完全な米国型(スピード・ダート型)にキングマンボを父に持つ米国型のロードカナロアですから2000mは絶対長い!むしろ1200mを走ってほしいぐらいです(ダートも合いそう)。

さらに大きなプラス要素は鞍上が川田将雅騎手(京都芝1600m(外回り)成績/勝率:19.6%、連対率:27.5%、3着内率:41.2%)であること。先行できて終いは切れる馬+川田将雅騎手+京都芝1600m(外回り)、この条件は京都金杯を買ったパクスアメリカーナと重なります。今回は期待の1戦です!

⑥ドナウデルタ

続いてもロードカナロア産駒のドナウデルタです。

前走はデイリー杯2歳S(G2)で出遅れ、直線では進路があかず内々に切れ込んでの散々な結果で5着。初戦の阪神新馬戦、初勝利をあげた阪神2歳未勝利戦ともにレースタイム、上り3Fともに平凡です。早い時計を持っていないことは不安要素ですが、これは道悪(新馬戦:稍重、2歳未勝利戦:重)が影響していると考えてよいでしょう。

血統的には京都1600m(外回り)得意のロードカナロアに母:ドナウブルー、母父:ディープインパクトですから間違いなくこのコースは合います!しかも鞍上は京都芝1600m(外回り)で好成績の福永祐一騎手(勝率:14.6%、連対率:27.1%、3着内率:37.5%)ですので買い要素は多いことは確か。スタートがよくなく後ろからになると思うので、その点が気になるところ…。

余談ですがお母さんのドナウブルーの引退レースとなり、同コースで行われた京都牝馬S(G3)も福永騎手が騎乗していました。結果は1番人気の2着。娘のドナウデルタで1着となるとちょっとしたドラマがありますね!

⑦ニホンピロヘンソン

ルーラーシップ産駒のニホンピロヘンソンです。

前走の朝日フューチュリティ(G1)はスタートで出遅れ、まともな競馬ができず15着。
展開的にはおそらくこの馬が逃げるでしょう。たとえ出遅れたとしてもスタート後長い直線が続くコース形態ですのでハナを取りに行くでしょう。
前々走の逃げて勝ったもみじS(OP)のように前半ペースを落として、直線に向けば逃げ切りもありそうな一頭です!

⑧ミヤケ

ディープブリランテ産駒のミヤケです。

前走のラジオN杯京都2歳S(G3)は出遅れての8着(今回、スタートがよくない馬が多いですね)。前々走がダートの北海道2歳優駿(G3)を走って3着。過去7戦は1800m以上のレースで、1600m未満のレースは今回が初めて。
また血統的に母系が米国型で、ディープブリランテ自体も母系が米国型なので産駒は意外とダート走るんですよね。それを考えると馬券的には消しかなと思います。

⑨パッシングスルー

続いてルーラーシップ産駒のパッシングスルーです。

前走は東京芝1600mの新馬戦を上り3F33.5で1着。2着との着差はクビ差と僅差ですが、なかなかに強い勝ち方でした。何より、そのレースの2~4着馬までが既に勝ち上がっていることを考えるとレベルの高い新馬戦といえるでしょう!

あとは京都コースとの適正がどうか。父:ルーラーシップ、母父;クロフネなので「絶対東京コース走るだろう!」という血統なので、デビュー戦を少し割り引くと本命までにはしづらいところ。

⑩ミッキーブリランテ

ディープブリランテ産駒のミッキーブリランテ。

前走は阪神2歳未勝利を1着。2着馬に2.1/2の差をつける強い勝ち方でした。前々走でデビュー戦の京都2歳新馬戦は評判馬のウーリリ(マカヒキの全弟)に敗れての2着。2戦とも力を感じさせる走りでした。

2戦とも芝1800mを走っていますので、距離短縮がどうでるかがポイントとなりそうです。血統的に母系が欧州型なのでプラスに働くとは思えないです。
個人的には京成杯か若駒Sに出てほしい馬なので、強いのは間違いないですが評価を少し割り引きます

⑪シャドウエンペラー

昨年のファーストシーズンサイアーに輝いたジャスタウェイ産駒のシャドウエンペラーです。

前走は黄菊賞(500万下)の5着、前々走のサウジアラビアRCも5着です。両方のレースとも1着馬と1秒以上差があり、この馬自身の持ち時計もよいわけではないので今回は無しかなと思います。

⑫コパノマーティン

最後にスクリーンヒーロー産駒のコパノマーティン。

前走は朝日フューチュリティ(G1)   の11着。

過去7戦で唯一勝ったレースはダートですし、芝での成績がよろしくないので消しかと思います。芝で馬券圏内に入った3着も洋芝の札幌ですので、京都のコースが合うとも思えません。

シンザン記念の予想印!

◎アントリューズ

〇ドナウデルタ

▲パッシングスルー

△ハッピーアワー

△ミッキーブリランテ

注ヴァルディゼール

☆ニホンピロヘンソン

◎:本命・・・最も勝つ確率が高い馬。トップ評価。
○:対抗・・・本命に対抗できる馬。2番手評価。
▲:単穴・・・◎や○の馬に勝てる能力がある馬。3番手評価。
△:連下・・・2・3着に来る可能性がある馬。
注:注意・・・3着までなら可能性があると思われる馬。
☆:星 ・・・◎○▲△以外で、勝てる可能性がある穴馬。

12頭立てなのに印が多くなってしまいました。。。
予想していて感じたのですが、今回のシンザン記念は予想が難しいです。

馬券の買い目を発表!

最後に馬券の買い目を発表します!

<3連複/1軸流し>

軸:⑤アントリューズ

相手:⑥ドナウデルタ、③ハッピーアワー、⑨パッシングスルー、⑩ミッキーブリランテ、⑦ニホンピロヘンソン

<10通り>

③-⑤-⑥:18.4倍、③-⑤-⑦:54.1倍、③-⑤-⑨:23.3倍

③-⑤-⑩:17.1倍、⑤-⑥-⑦:84.1倍、⑤-⑥-⑨:33.2倍

⑤-⑥-⑩:24.4倍、⑤-⑦-⑨:108.9倍、⑤-⑦-⑩:87.7倍

⑤-⑨-⑩:26.7倍

※オッズは投稿日時の数字

最後に…

買い目が多くなりましたが、「新春、どうしても的中したい!」ということでご了承下さい。

以上、「京都金杯の馬券予想」でした。
あなたの馬券の参考になれば幸いです!


最後までお読みいただき、ありがとうございました!

-シンザン記念, 馬券予想
-,

Copyright© 馬券応援団 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.