種牡馬分析 競馬分析

【馬券に活かす種牡馬分析!】ノヴェリスト

更新日:

【登場人物】
〇Yoshiki
アマチュア競馬予想家。データと血統から馬券を予想。馬券が当たった後は買い方が大胆になり、いつもはずす。

〇ウマ太郎
競馬を勉強中の馬。いつもナイスな進行役を務めてくれる。

ノヴェリスト
ドイツ血統の結晶 『ノヴェリスト』
『馬券に活かす種牡馬分析』
今日はどの種牡馬を取り上げるのですか?
今日はドイツ血統の結晶と言われる『ノヴェリスト』を取り上げます!
Yoshiki
ノヴェリストですか!でも、なぜドイツ血統の結晶と言われているんですか?
ノヴェリストの父:モンズンはドイツの大種牡馬。母:ナイトラグーンもドイツ産まれの繁殖牝馬。母父:ラグナスもドイツ生まれの競走馬・種牡馬で独ダービーを勝った馬なんだ。
Yoshiki
ノヴェリスト 血統表(5代)
ノヴェリスト 血統表(5代)

【父 :モンズン】

現役時代はドイツのGIを3勝した一流馬。種牡馬としてはBCターフなどGI4勝のシロッコ 、仏オークスなどGI6勝のスタセリタ(ソウルスターリングの母)など大きな成功を収めた。絶滅寸前であった父系をある程度立て直すことに成功している。

【母:ナイトラグーン】

現役時代はGIIIヴィンターケーニギン賞(T1600)など ドイツで2勝をあげた。繁殖牝馬としてはノヴェリストの他、GIIIフィナンツグルペ賞(独GIII)2着の ヌンティウスなどを輩出した。

【母父: ラグナス】

イルドブルボンは全欧3歳牡馬チャンピオンにも輝いた名馬。現役時代 は独ダービーなどを勝つ。種牡馬としてGⅠ馬オクサラグを輩出するなど一定の成功を収めましたが、繁殖牝馬の父としてはさらに優秀でノヴェリストを筆頭に英二冠牝馬 カジア、クリテリウムドサンクルーのパイタなど活躍馬が多数出ており、ドイツの生産界を支える存在となっている。

なるほど!まさにドイツの血統がつまった馬ですね。

輝かしい現役時代

ノヴェリストの現役時代の活躍はどうだったんですか?
輝かしい活躍を見せていたよ!キングジョージ(GⅠ)やサンクルー大賞(GⅠ)、バーデン大賞 (GⅠ)などを勝っており、通算成績は11戦9勝という活躍ぶり。
Yoshiki


【ノヴェリスト 主な成績】

Kジョージ6世&QES (GⅠ)   1着
バーデン大賞(GⅠ)      1着
サンクルー大賞(GⅠ)     1着
ジョッキークラブ大賞(GⅠ) 1着
独ダービー(GⅠ)       2着
バーデン企業大賞(GⅡ)   1着


ノヴェリストというとオルフェーブルキズナが参戦した凱旋門賞でよく聞いた記憶があります。
そうなんだよね。
当時はキングジョージで2着に5馬身差をつけ、従来のハービンジャーの勝ち時計を2秒以上も短縮する圧勝を見せて注目を集めていた。オルフェーブルキズナが参戦した年の凱旋門賞の有力馬の一頭としてあげられていたんだ。ただ直前に熱発をして回避。オルフェーブルキズナ、勝ったトレヴとの対戦は叶わずで終わってしまった。
Yoshiki
凱旋門賞にノヴェリストが出走していたら、もしかすると違った結果になっていたかもしれませんね。
そうだね。その後にジャパンカップの出走も予定していたんだけど、これも回避。結局、そのまま引退してしまったのは残念。
Yoshiki

圧勝した Kジョージ6世&QES (GⅠ)

種牡馬としての可能性

引退後に日本に種牡馬として導入されたんですか?
引退後に社台スタリオンステーションで種牡馬入り。 ノヴェリストには『生粋のドイツ馬』としても期待が大きいんだ。
Yoshiki
『生粋のドイツ馬』ですか…
ドイツ競馬は世界的なトレンドには流されず、ドイツ内で血統を育んできた歴史があるんだ。それがサンデーサイレンス系の血統の飽和で困った日本には最適、という導入経緯があるよ。
Yoshiki
なるほど!導入後の種付け数はどうなんですか?
導入後3年は2014年156頭、2015年148頭、2016年122頭と導入後3年間は好調だったんだけど、直近の2018年も48頭まで減ってしまってかなり厳しい状況なんだ。
Yoshiki


【ノヴェリスト 種付け数】

2014年:156頭
2015年:148頭
2016年:122頭
2017年:111頭
2018年:48頭

産駒の活躍はまだまだこれから!

産駒の活躍はどうでしょうか?
現状では厳しいとは言わざる負えないかな。2019年の京成杯で産駒のラストドラフトがようやく重賞を勝ったぐらいで、その他にめぼしい活躍馬もいないので。
Yoshiki
苦戦しているんですね。その理由は何が考えられますか?
個人的には血統が重すぎると考えているよ。言葉を変えれば、スピード不足に悩まされている印象かな。
ドイツ血統は重厚な血筋の印象が強く、軽くてスピードが求められる日本の馬場に合っていない。
Yoshiki
そのなかでも、ラストドラフトの重賞勝利は明るいニュースでした!
そうだね。待望の産駒の重賞勝利!
同じ欧州血統のハービンジャーも最初は苦戦したけど、今はペルシアンナイトモズカッチャンディアドラ、最近では有馬記念を買ったブラストワンピースなどの多くの活躍馬を輩出している。ノヴェリスト自身が奥手の印象もあるので、まだまだこれからかな!
Yoshiki
ノヴェリスト産駒 初重賞制覇となった『ラストドラフト』
ノヴェリスト産駒 初重賞制覇となった『ラストドラフト』

産駒は札幌・中山が得意

産駒の成績としてはどのような傾向がありますか?
競馬場別で言えば、札幌・中山を得意としている。札幌は過去3年成績で勝率:11.1%、連対率:33.3%で全競馬場平均値の勝率:6.9%、連対率:16.0%よりも明らかに好成績!
Yoshiki
洋芝との相性がよいということでしょうか。
それは間違いない。また中山コースを得意としている点も欧州血統の特徴だね。
Yoshiki
ノヴェリストは札幌競馬場での成績が好調
ノヴェリストは札幌競馬場での成績が好調
データ元: TARGET frontier JV
距離別の傾向はどうでしょう?
1600m (勝率:8.8%) 、2000m(勝率:9.8%) 、2400m(勝率:12.5%) での成績が好調なので、根幹距離を得意としているかな。1800m(勝率:4.6%) は成績が悪いし。
また距離が延びるほど成績があがっていくので、やはり欧州血統という印象を受ける。
Yoshiki
なるほど。それ以外に特徴はありますか?
重馬場(勝率:2.7%)、不良馬場(勝率:0.0%) の成績が悪いのは意外なんだよね。血統的には走ってきそうなんだけど。
Yoshiki
狙い目のコースと距離はありますか?
まずはラストドラフトが勝った中山芝2000m、次に中山芝1600m。
東京芝2400mも狙い目の一つかな!
Yoshiki

【産駒傾向】

<馬場適正>芝:◎ ダ:△
<距離>中距離~長距離
<成長型>普通(遅)~晩成

最後に・・・

最後に言い残したことはありますか(笑)?
ノヴェリストは父系がブランドフォード系でマイナー血統とういうか、零細血統なんだよね。世界的にも絶滅寸前の血統なのでぜひ頑張ってほしいところ! 
Yoshiki
期待を込めてというところですね!
そうだね。個人的にサンデー系以外の種牡馬が活躍するのは、競馬の血統の幅が広がって面白いし!
Yoshiki

<PR>
競馬を見るなら 「スカパー! グリーンチャンネル」!
全レースのパドック映像、プロの競馬評論家の予想がきっちり見れる!!

【スカパー!】1chから自由に選べて変えられる!


以上、『【馬券に活かす種牡馬分析!】ノヴェリストでした。』
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ありがとうございました!
Yoshiki



-種牡馬分析, 競馬分析
-

Copyright© 血統とグリーンチャンネルの話 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.