血統の基礎知識 血統の話

【血統分析】欧州型血統の特徴について

投稿日:

競馬評論家で血統を重視する亀谷敬正氏によれば、血統は日本型血統米国型血統欧州型血統に分類できるとのこと。その中でも今回は欧州型血統の特徴について特集します!

起伏が激しく、荒れた芝が特徴の欧州競馬

まずは欧州の競馬について考えてみます。

欧州の競馬は、最近ではマイル~中距離のレースを重視するようになりましたが、その以前は伝統的に長距離の能力を競う歴史が続きました。

また競馬場はその地の自然を活かした作りとなっており、起伏が激しく不規則なコースが多くなっています。

そのなかでもイギリスダービーが行われるエプソム競馬場はその典型といえるコースです。
高低差が40m以上あり、距離は半端な2420mとなっています。

エプソム競馬場1
イギリスダービーが行われるエプソム競馬場
エプソム競馬場2
エプソム競馬場の高低差は40m以上あり、欧州を代表する競馬場

エプソム競馬場以外でも欧州では競馬場それぞれの特徴が大きいことがあげられます。

凱旋門賞が行われるロンシャン競馬場
凱旋門賞が行われるロンシャン競馬場
アイルランドのフェアリーハウス競馬場
アイルランドのフェアリーハウス競馬場

パワーとスタミナの欧州型血統

欧州の競馬では、タフな芝中長距離戦で高低差が激しい競馬場が生み出すペースの緩急に対応できる底力とパワーに優れ、スタミナ勝負となってもゴール前で発揮する粘り強さが特徴となっています。

そのため。欧州型の血統はパワーとスタミナに優れます。

一方で日本競馬の特徴の瞬発力とスピードには向いておらず、直線で急坂がある中山競馬場などタフさが求められる競馬場や荒れた馬場で好走する馬が多い傾向にあります。

昨今の欧州の主流血統にはノーザンダンサー系のサドラーズウェルズやダンチヒの血が入っており、伝統的な重厚なパワーとスタミナを取り込んでいる種牡馬が多いです。

大種牡馬 ノーザンダンサー
大種牡馬 ノーザンダンサー
最後までお読みいただきありがとうございました!

-血統の基礎知識, 血統の話
-,

Copyright© 血統とグリーンチャンネルの話 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.