馬券予想

【2019年 報知グランプリカップ 馬券予想】本命ゴールデンバローズ、対抗タービランスの理由

更新日:

2018年報知グランプリカップはリッカルドが制覇
2018年報知グランプリカップはリッカルドが制覇

こんにちは!血統大好き・グリーンチャンネルマニアのYoshikiです。

今回は2019年 報知グランプリカップの予想を公開します!


報知グランプリカップ 予想印

◎ ゴールデンバローズ
〇 タービランス
▲ シュテルングランツ
△1 ワークアンドラブ
△2 キングガンズラング
☆ ハセノパイロ


報知グランプリカップは最大2%還元の
楽天競馬からの馬券購入がおすすめ!


◎ ゴールデンバローズ

中央でも実績があるゴールデンバローズが本命。

前走大師OPは地方転入初戦で3か月半ぶりのレースでしたが、直線は逃げるラブミークンを捕え、最後は1馬身1/2差をつける快勝。
中央実績馬の力を示した。

叩き2走目の今回はさらなる上積みが期待できそう。

3歳時には中央のヒヤシンスステークス(OP)を勝利し、ドバイのUAEダービー(GⅡ)まで参戦した馬。
転入前の中央でもダート1800m・オープン競走で掲示板を確保する力があり、ここは格の違いを見せつける。

〇 タービランス

対抗はとにかく堅実なタービランス。

前々走の道営記念はスーパーステション、前走の報知オールスターカップはヤマノファイトに敗れたが、決して悲観する内容ではない。

今回は距離が前走から300m短縮の1800m。
タービランスにとってはデビュー戦の1200mを除けば、勝利したレースはいずれも1600m~1800m。
距離短縮は前向き材料と考える。

ここ1年間の6戦は出走取消を除き連対を外していないとにかく堅実な馬。

馬券には必ず入れておきたい一頭。

▲ シュテルングランツ

単穴はシュテルングランツ 。

5走前の東京記念トライアル(G)、4走前の東京記念(OP)は逃げ切っての勝利。

その後、JBCクラシック(GⅠ)、浦和記念(GⅡ)は大敗したが、これはハナを取れなかったため。
実際に前走金盃競走(G)は逃げてサウンドトゥルーのハナ差の2着。

地方転入後は2000m以上の距離で好走しているため、1800mへの距離短縮は気になるところであるが逃げれば1着もありえる。

またシュテルングランツがすんなりとハナを取れそうなため、レース展開も向きそう。

△1 ワークアンドラブ

連下の1番手はワークアンドラブ 。

前走金盃競走(G)はサウンドトゥルー、シュテルングランツに続いての3着。

3走前の東京大賞典競走(GⅠ)では、中央実績馬のアポロケンタッキーやクリソライトにも先着して7着。
力があるところを見せた。

気難しい面がある馬だけに初コースとなる船橋競馬場がどうでるかが懸念材料。

△2 キングガンズラング

連下の2番手はキングガンズラング 。

昨年は5連勝を含む6戦して5勝。

ホームの船橋での成績は10戦して7勝、2着2回と抜群の成績を誇っている。

前走、チバテレ盃(OP)が6着と不可解な敗戦となった点は気になるが、抑えておきたい一頭。

☆ ハセノパイロ

星にハセノパイロ 。

昨年の東京ダービー競走(G)を勝った同馬。

東京ダービー後の直近2走は11着、7着と成績が振るわないが、今回は休養明けの叩いて2走目。

陣営からは『前向きさが出てきており、今回は違う走りが期待できる』とのコメントも出ており、もともとの能力は高いため、状態次第では1着もありえる。


報知グランプリカップを生放送『スカパーのグリーンチャンネル』
手続き後30分で視聴可能!

【スカパー!】加入月は視聴料0円!加入料も不要!

報知グランプリカップ 予想印(まとめ)

◎ ゴールデンバローズ
〇 タービランス
▲ シュテルングランツ
△1 ワークアンドラブ
△2 キングガンズラング
☆ ハセノパイロ

以上、報知グランプリカップの予想です!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!


-馬券予想
-,

Copyright© 馬券応援団 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.